ここから本文です

“ミランを愛しているがゆえの売却” ベルルスコーニ名誉会長が声明

ISM 8月12日(金)17時46分配信

 前週、中国の投資グループへクラブを売却することで基本合意に至ったミラン(イタリア)のシルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が、現地時間11日(以下現地時間)に自身のFacebookを通じてファンや関係者に声明を発表した。

 ベルルスコーニ名誉会長はそのなかで「30年前、私はミランへの愛からこのクラブを購入した。これまで以上に強い愛情の表現として、クラブを売ることになった」とコメント。ミランは助けを必要としており、出資への強い期待を込めて売却を決めたと述べた。

 同名誉会長は、この件について「当然ながらショックであり、つらいことだ」と語りつつ、「もう一度、ミランの最大の利益のために仕事ができた」との思いから「落ち着いた気持ちだ」とも綴り、クラブ愛を強調した。

 ミランは5日、親会社『フィニンヴェスト』が株式の99.93%を7億4000万ユーロ(約830億円)で中国系コンソーシアムに売却することで基本合意に達したと発表。今年中に契約が成立する見込みとなっている。

最終更新:8月12日(金)17時46分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]