ここから本文です

「世界のウチナーンチュの日」10月30日に決定 大会実行委員会

琉球新報 8月12日(金)13時44分配信

 第6回世界のウチナーンチュ大会実行委員会は12日、第4回実行委員会を那覇市内のホテルで開き、「世界のウチナーンチュの日」を同大会最終日の10月30日にすると決めた。県民の移民発着に関する歴史的期日は特定の国に印象が偏る懸念があるため、本大会最終日に設定した。条例制定はせず、翁長雄志知事が大会のグランドフィナーレで制定を宣言する。
 大会事務局が海外県人会長らを対象に行ったアンケートでは、10月30日の案が52%で最も多く、最初の県系移民がハワイに出発した12月5日(24%)や最初の県系移民がハワイに到着した1月8日(11%)を上回った。

 「世界のウチナーンチュの日」は、いずれも名護市に住むアルゼンチン出身県系3世の比嘉・アンドレス・オスカルさん(41)とペルー出身県系3世の伊佐正・アンドレスさん(26)が同市議会に働き掛けたことがきっかけとなり、制定への機運が高まっていた。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:8月12日(金)14時12分

琉球新報