ここから本文です

今夜!最新作ヒット中の『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』放送

cinemacafe.net 8月12日(金)17時30分配信

劇場版最新作『GOLD』も大ヒット上映中の「ONE PIECE」シリーズから2009年に公開された劇場版10作目となる『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』が、8月12日(金)今夜放送のフジテレビ系「金曜プレミアム」で放送となる。

【画像】『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』

「週刊少年ジャンプ」に97年から連載され今年で連載19年を迎えた同シリーズは、コミック累計発行部数が世界で3億2,000万部を超え「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネス世界記録に認定されるほどの世界的人気を誇り、99年からはTVアニメが放送開始、アニメ映画も2000年の第1作目から現在までに13作が公開されている。

今夜放送の原作者の尾田氏が初めて製作総指揮を務めた10作目『STRONG WORLD』は原作者の尾田氏が自ら製作総指揮を担当した初の劇場版となり、映画ストーリーを描き下ろしただけでなくコスチュームやクリーチャーデザインも手がけた当時としての“集大成”的な作品でもあり、興行収入48億円を記録、第34回日本アカデミー賞で優秀アニメーション作品賞を受賞したほか、アヌシー国際アニメーション映画祭、オタワ国際アニメーションフェスティバルコンペティション部門公式出品にも選ばれた。

また原作者自ら製作総指揮を務めたこともあり、ボスキャラの名前が公開より先に原作に登場、週刊少年ジャンプ誌では「0話」が掲載されるなどそれまでの同シリーズ劇場版より原作と密接にリンクした内容になったことが大きな話題を呼んだ。

またゲスト声優としてボスキャラである金獅子のシキ役を竹中直人が、海賊キタジマ役には元競泳のオリンピック金メダリストでもある北島康介が、エバー役を皆藤愛子がそれぞれ担当、こちらも話題を振りまいた。

旅を続ける麦わらの一味に“故郷の危機”という突然のニュースが飛び込み、ルフィたちは冒険を中断し“東の海”に戻ろうとするがそのとき上空から謎の海賊船が現れる。空飛ぶ船に乗っていたのは海底監獄インペルダウンを脱獄した、海賊王ゴールド・ロジャー、白ひげと並ぶ伝説の海賊で恐るべき悪魔の実の能力者“金獅子のシキ”。

シキはナミを連れ去り麦わらの一味全員を悪魔の実の能力を使って上空から振り落とす。バラバラになったルフィたちが辿りついたのは独自の進化を遂げた見たこともない凶暴な生物たちが弱肉強食の戦いを繰り広げる空飛ぶ島々だった。シキに涙ながらに仲間にしてくれと頼むナミ…いったい麦わらの一味に何が起こったのか。そしてシキの恐るべき野望とは何なのか!? というストーリー。

7月23日より邦画史上最大となる739スクリーンで公開されたシリーズ最新作『GOLD』も公開4日目で早くも観客動員100万人を突破。2D、3D、4DX、MX4Dと実際に肌で体感できる最新設備でも上映されておりアトラクション感満載のエンターテイメントとなっているので、こちらも見逃せない。

金曜プレミアム『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』はフジテレビ系で8月12日(金)21時~放送。

最終更新:8月12日(金)17時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。