ここから本文です

Twitterのいじめ対策の不完全さを指摘するBuzzFeedの記事にTwitterが反論

ITmedia ニュース 8月12日(金)10時11分配信

 「今日のBuzzFeedの記事は正確ではなく、記述は不公正だ」──。米Twitterは8月11日(現地時間)、同日BuzzFeedが公開した記事「“A Honeypot For Assholes”: Inside Twitter’s 10-Year Failure To Stop Harassment(“間抜けのための蜜壺”:Twitterの10年越しのハラスメント失策)」について公式ブログでこうコメントした。

 BuzzFeedの記事は、元幹部を含む10人以上の元Twitter従業員と、Twitter上でハラスメント(いじめ)に遭ったユーザーへのインタビューに基づく長大なものだ。

 この記事では主に、Twitterのいじめ対策がなぜ徹底しないのかを、複数の元従業員の証言で説明している。曰く、Twitterはもともといじめ問題よりも表現の自由を優先する文化があり、また、幹部の人数が多く、移り変わりも激しいために方針が安定せず、混乱しているという。

 そうした証言の中で、ある従業員は、2015年にTwitterが実施したバラク・オバマ大統領のアカウントに対するQ&Aイベントの際、当時のディック・コストロCEOが秘密裏にオバマ氏に対する暴言ツイートをアルゴリズムでフィルタリングしていたと語った。

 現在は米ベンチャーキャピタルIndex Venturesのパートナーを務めるコストロ氏は自身のTwitterアカウントで、「リンクを貼るのもばかばかしいが、(あの記事は)完全に無意味で笑っちゃうほど間違っている」「Twitterでいかに信頼と安全が機能しているかという根本を理解していないことを露呈している。扇情的なナンセンスだ」と反論している。

 Twitterも発表文で「BuzzFeedは(記事公開前日の)昨夜になってわれわれにコメントを求めてきた。われわれは今日初めて記事を読んだ」としている。

 だが、BuzzFeedのジョン・パチカウスキー編集長は自身のTwitterアカウントで、「Twitterは昨夜になるまでわれわれに反応しなかった。(記事公開までに)猶予をくれとも言われなかったし、電話でのコメントも断った」とツイートした。このツイートには同メディアの編集者による「われわれはTwitterに反応できるだけの十分な猶予を与えたが、電話1本くれなかった」というツイートへのリンクも追加されている。

 両者の発言は矛盾しているが、どちらが正しいかは第三者には不明だ。いずれにしてもTwitterは「われわれがすべきことは山積みだが、(いじめ対策に)全力を注いでいることは知っておいてほしい」としている。

 Twitterでは最近も黒人女優のレスリー・ジョーンズさんがTwitter上でいじめに遭い、このケースではジャック・ドーシーCEOが直接ジョーンズさんとやり取りをして最終的にはいじめの先鋒だったジャーナリストのアカウントを永久削除するにいたった。

 ドーシー氏は直近の業績発表後の電話会見で、いじめ対策の強化は同社の5大優先項目の1つだと強調した。

最終更新:8月12日(金)10時11分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]