ここから本文です

ヒュー・ジャックマン老けた?役作り?

シネマトゥデイ 8月12日(金)19時46分配信

 オーストラリア出身で『X-メン』シリーズのウルヴァリン役などで知られる俳優のヒュー・ジャックマンが11日(現地時間)にInstagramに投稿した写真が「ヒュー老けた?」と話題を呼んでいる。

【写真】筋肉ムキムキのウルヴァリン

 2017年3月に『ウルヴァリン』シリーズの第3弾にして、ウルヴァリン役をヒューが務めるのは「今回が最後」といわれる作品の公開を控えている47歳のヒュー。この日はまる焼きの魚とともにポーズを取った写真を「これが言ってたヤツだよ!」というコメントとともに投稿した。

 この写真に対してファンからは「47才が67才に見える」「老けてるな。それでもかっこいいけど」というコメントのほか、新作では年老いたウルヴァリンが登場すると噂されているだけに「役作りじゃない?」「メイクもあると思う」といった声も上がっている。

 ヒューは、フランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基にしたミュージカル映画『レ・ミゼラブル』で、パンを盗んだ罪で19年間投獄された男ジャン・バルジャンを演じた際に15kgも体重を落とし、同作のオープニングシーン撮影前には36時間も水を飲まないで過ごすなど、ストイックな役作りでも知られている。(編集部・海江田宗)

最終更新:8月12日(金)19時46分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。