ここから本文です

<今週シネマ>11、13日公開の映画 「ジャングル・ブック」 「ペット」「X-MEN:アポカリプス」…

まんたんウェブ 8月12日(金)20時30分配信

 今週末に公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。11日には、、ディズニー・スタジオが、ウォルト・ディズニーの遺作となった1967年の同名アニメーションからインスピレーションを受けて実写映画化した「ジャングル・ブック」(ジョン・ファブロー監督)、人気のキャラクター「ミニオン」を生み出したイルミネーションとユニバーサル・スタジオが製作した劇場版アニメ「ペット」(クリス・ルノー、ヤロー・チェイニー監督)、映画「X‐MEN」シリーズの最新作「X‐MEN:アポカリプス」(ブライアン・シンガー監督)が公開されている。

【動画まとめ】8月11、13日公開 映画紹介&予告編

 「ジャングル・ブック」は、ラドヤード・キプリングの児童文学が原作で、ジャングルでオオカミに育てられた少年が、自分が何者なのかを考えて、身の振り方を自らの手で選び取るまでを描くというクラシカルともいえる成長物語と、最先端の映像との融合が楽しめる作品だ。今作では、視覚効果スーパーバイザーを「タイタニック」(1997年)で米アカデミー賞の受賞歴があるロバート・レガートさんが担当。主人公の少年モーグリが自分の庭のように縦横無尽に駆け回るジャングルもほとんどがCGなのだが、その場に入り込んだような迫力で、フルCGで描かれた野生動物たちも、本物と見まがうほどの仕上がりになっている。日本語吹き替え版には、松本幸四郎さん、西田敏行さん、宮沢りえさん、伊勢谷友介さんら名のある俳優たちが声優として参加している。

 「ペット」は、飼い主のケイティ(声:エリー・ケンパーさん)のことが大好きなテリア系の雑種犬マックス(声:ルイスC.K.さん)と、ケイティに拾われてくる大型犬のデューク(声:エリック・ストーンストリートさん)の2匹を中心に、大都会ニューヨークの高層マンションで飼われているペットたちの大冒険が描かれている。散歩の途中で保健所の職員に捕まり家に帰れなくなったマックスとデュークがどう協力し合い、どうやって追っ手をかわすのか。そして、仲間たちがどうやって彼らを救うのかが見どころで、犬以外にもネコやウサギ、モルモット、セキセイインコ、ブタ、タカなどの個性的なキャラクターたちが登場し、人間のいない間の素顔をさらしながら、公園、路地裏、地下道、ビルの屋上など所狭しと動き回り、楽しませてくれる。人気の黄色いキャラクター「ミニオン」たちの短編「ミニオンズ アルバイト大作戦」も同時上映。

1/2ページ

最終更新:8月12日(金)20時30分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。