ここから本文です

【競泳】入江陵介200M背泳ぎ8位 次のメドレーリレーに期待「消費期限は切れてない」

東スポWeb 8月12日(金)11時15分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ11日(日本時間12日)発】競泳男子200メートル背泳ぎ決勝で、入江陵介(26=イトマン東進)は1分56秒36で8位に終わった。ライアン・マーフィー(21=米国)が1分53秒62で金メダルを獲得した。

 本命種目で結果を出せなかった入江は「悔しいのひと言。ロンドン五輪からの4年間がすごく苦しかったし、自分は賞味期限が切れた人間なのかなと思う時期も多かった」と唇をかんだ。

 ただ、まだメドレーリレーが残る。「賞味期限切れでも、消費期限は切れていないと思って、あと2日間、日本チームで頑張りたい」と完全燃焼を誓った。

最終更新:8月12日(金)11時20分

東スポWeb

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。