ここから本文です

瀬戸内海は内海「全域が長期間汚染される」 菅直人元総理

エコノミックニュース 8/12(金) 11:35配信

 菅直人元総理は四国電力伊方原発3号機の再稼働について「伊方原発は佐多岬の瀬戸内海側の付け根にある。ここで福島原発事故のような大量の放射能漏れが発生すると、瀬戸内海は太平洋と違って内海なので、全域が長期間汚染される」と強く懸念。

「瀬戸内海に面している地域、特に漁業関係者はそのことを心配している」としたうえで「事故が起きた時の責任を四国電力だけで負えるものではない」と万一重大事故が発生した場合、被害の甚大さは取り返しのつかない物になると再稼働反対を強く訴えている。

そうした中、四国電力は伊方原発3号機を12日、再稼働させた。9月上旬に原子力規制委員会の最終検査を受け、通常運転に入るとしている。

安倍政権は原子力規制委員会が新基準に適合していると判断した原発については再稼働を進めるとしており、原発再稼働への動きは加速している。

一方、原子力規制委員会の田中俊一委員長は「原子力規制委員会は新規制基準に適合しているかどうかを判定しているのであって、原発の安全性を担保するものではない」とし、事業者には安全性確保へのレベルアップ努力を継続して求めている。(編集担当:森高龍二)

Economic News

最終更新:8/12(金) 11:35

エコノミックニュース