ここから本文です

ジョニデ、20人の証人と離婚裁判に挑む!?

Movie Walker 8月12日(金)11時15分配信

ジョニー・デップ側の弁護士団は謎の写真と、約20人に及ぶ証人を切り札に、DV疑惑を主張しているアンバー・ハードとの裁判に臨むと伝えられている。

【写真を見る】裁判で不利に?過去に暴力騒動があったアンバーと元恋人のタスヤ

TMZ.COMによれば、「ジョニー側は、新たな証拠写真を用意しています。内容はわかりませんが、裁判でのヒヤリングの際に提出することになるでしょう。また、ジョニーをサポートしてくれる、約20人の証言者を準備して裁判に臨む予定です」

「5月21日にアンバーから、『ジョニーにiPhoneを投げつけられた』として呼びつけられた警察官2人、5月21日から27日まで、ジョニーとアンバーが暮らしていたマンションに常駐していたコンシェルジュ5人、当時マンションに居合わせたボディガード2人は皆、部屋に争った形跡がなかったことや、アンバーの顔に傷がなかったことを証言します。元ハウスキーパーの女性も、当時の様子を語るために証言台に立つ予定です。彼女の発言はキーになるでしょう」

「ジョニーの相手としてはアンバー本人と、宣誓証言を取れなかったアンバーのパブリシストが証言台に立つ予定」だという。

ジョニー側は、切り札となる謎の証拠写真のほか、「2009年にアンバーがシアトルの空港で、当時の恋人で写真家のタスヤ・ヴァン=リーに暴力をふるったとして逮捕された件」、そして「昨年5月のオーストラリア訪問時に、愛犬2匹を申告せずに持ち込んだとして密輸罪に問われた件について、今年4月にジョニーと共に『知らなかった』と主張して謝罪し密輸罪の処分が保留になったが、アンバーは知っていながら虚偽の証言をした」とする証拠を提出するようだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:8月12日(金)11時15分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。