ここから本文です

ANA、国際線旅客の燃油サーチャージを10月以降も適用せず

レスポンス 8月12日(金)14時0分配信

全日本空輸(ANA)グループは、日本発国際線旅客の「燃油特別付加運賃額(燃油サーチャージ)」を、10月1日以降も適用しないと発表した。

燃油サーチャージは、2カ月ごとに直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直している。今回、6月から2016年7月におけるシンガポールケロシン市況価格の2カ月平均が1バレルあたり56.57米ドル、為替レートが1ドル=104.74円だった。

シンガポールケロシン市況価格の円貨換算額は5925円となり、燃油サーチャージが適用となる6000円を下回ったため、4月から9月に続いて、10月から11月に発券される航空券にも燃油サーチャージをゼロとする。

国際線旅客の燃油サーチャージは日本航空(JAL)グループも10月以降、ゼロにすることを決めている。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月12日(金)14時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]