ここから本文です

「X-MEN」アポカリプスの脅威を監督、キャストが語る特別映像

映画ナタリー 8月12日(金)12時2分配信

「X-MEN」シリーズ最新作「X-MEN:アポカリプス」の特別映像がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、超人的能力を持つミュータント集団X-MENの活躍を描いた「X-MEN」シリーズ第6弾。数千年の眠りから目を覚ましたミュータントの始祖“アポカリプス”が、人類に新たな秩序をもたらすべく人間たちに襲いかかる中、若きX-MENが力を合わせて立ち向かう。

映像では、同シリーズの監督ブライアン・シンガーが「シリーズ史上最大の規模で最強の敵と最大の危機に挑む」とコメント。またアポカリプスを演じたオスカー・アイザックについては「力強くて複雑な悪役を見事に演じてくれた」と称賛した。さらにプロフェッサーX役のジェームズ・マカヴォイ、マグニートー役のマイケル・ファスベンダーのインタビューや、ジェニファー・ローレンス扮するミスティークら戦士たちのバトルシーンも収められている。

「X-MEN:アポカリプス」は東京・TOHOシネマズ スカラ座ほか全国で公開中。



(c)2016 MARVEL (c)2016 Twentieth Century Fox

最終更新:8月12日(金)12時2分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。