ここから本文です

GLIM SPANKYアルバムを1000枚限定アナログ化、メンバーも喜び

音楽ナタリー 8月12日(金)12時2分配信

GLIM SPANKYが最新アルバム「Next One」のアナログ盤を10月26日にリリースすることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アルバムがアナログ化されるのはGLIM SPANKY史上初。自らもレコードを愛用するメンバー2人は、アナログ盤発売決定に喜びのコメントを発表した。店頭予約は8月16日にスタート。1000枚限定生産のためファンは早めに予約しておこう。

なおGLIM SPANKYは、本日8月12日(金)放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」に生出演し「怒りをくれよ」を披露する。また、全国ツアー「Next One TOUR 2016」の東京、大阪、名古屋公演のチケット一般発売が明日8月13日に開始となる。

GLIM SPANKY コメント
松尾レミ(Vo, G)
レコードの音で育ってきたくらい、親しみのあるものなので、ついにLP盤をリリース出来て嬉しいです! やっぱレコードっていいよね! 心にすっと音が入ってくるスピードが違うので是非聞いて欲しいし、レコード聴かない方もこれをきっかけに触れてみるのも楽しいよ!

亀本寛貴(G)
自分もアナログレコードを聴く人間として、この時代に自分の音源をアナログ盤でリリースできる事がとても嬉しいです。自慢のオーディオで堪能するも良し、大きなジャケットを飾るも良し、皆さんそれぞれの方法で楽しんで下さい!

GLIM SPANKY「Next One」アナログ盤収録曲
SIDE A
01. NEXT ONE02. 怒りをくれよ03. 闇に目を凝らせば04. grand port05. 時代のヒーロー

SIDE B
01. 話をしよう02. NIGHT LAN DOT03. いざメキシコへ04. 風に唄えば05. ワイルド・サイドを行け

最終更新:8月12日(金)12時2分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。