ここから本文です

小倉クラッチ、為替差損の影響で大幅経常減益 4-6月期決算

レスポンス 8月12日(金)14時30分配信

小倉クラッチが発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、経常利益が為替差損などの影響で前年同期比43.7%減の1億円と大幅減益となった。

売上高は同0.7%減の94億5100万円と小幅な減収だった。輸送機器用事業では、中国の景気減速やブラジル子会社の事業縮小による減少要因はあったが、フランス子会社での新製品立ち上げやインド子会社の量産開始で販売が増加、増収となった。一般産業用事業が減収となった。

円高の影響で為替差損を1億7900万円を営業外費用に計上した。営業利益は同6.0%減の2億7800万円となった。四半期純利益は同17.8%減の8000万円となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月12日(金)14時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]