ここから本文です

『グラブル』オーケストラコンサートツアーがいよいよ開幕――『グラブル』一色に染まった渋谷で『グラブル』音楽が奏でられた

ファミ通.com 8/12(金) 18:07配信

●おなじみの楽曲から驚きの選曲まで!
 2016年8月12日(金)、東京・渋谷のBunkamura オーチャードホールにて、PCやスマホで遊べる本格RPG『グランブルーファンタジー』(以下、『グラブル』)初のオーケストラコンサート“GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA -SORA NO KANADE-”が行われた。同作のサウンドコンポーザーである植松伸夫氏と成田勤氏も登壇し、楽曲制作の裏話なども語られた同公演の昼の部の様子をリポートする。なお、指揮は栗田博文氏、演奏は東京フィルハーモニー交響楽団が担当した。


 開演前にプロデューサーの春田康一氏が登壇し、会場に集まった関係者や騎空士(※『グラブル』のファン)に向けて挨拶を行う。春田氏は「騎空士の皆さまの楽しんでいただいている姿あってこその『グラブル』というゲームだと思っていますので、今後とも皆さんに楽しんでいただけるよう、開発スタッフ一同、開発・運営を進めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします」と語り、オーケストラコンサートが開幕。

 1曲目から『グランブルーファンタジー』を象徴する楽曲『メインテーマ』から『大星晶獣との戦い』が演奏されるなど、騎空士たちの心をグッとつかむ曲構成が展開。東京フィルハーモニー交響楽団の生演奏によって表現される楽曲に、これまでの『グラブル』での戦いの日々が、より彩り豊かに蘇ってくるようだった。曲間のMCでは、植松氏と成田氏が登壇。司会進行を務めた小川りかこ氏から今回のオーケストラコンサート開催への感想を問われると「個人的に長いあいだ待ち望んでいたものなので、楽しんでいこうと思っています。作曲屋さんって客席から自分の曲を聴くことってなかなかないんですよ。だから、すごくドキドキしています」(植松)、「サービス初期の曲から最近の曲まで個人的に気に入っている曲がありますので、イチ観客として楽しんでいきたいと思います」(成田)とそれぞれにコメント。ふたりとも制作初期のころに作った楽曲がオーケストラで演奏されることに感動しきりだった。

 その後は『フレイメル島~太古の工廠~』、『ルーマシー群島~神秘の森~』、『始まりの風』、『天に散りし覇者との邂逅』、『シュヴァリエ・マグナ』と続き、前半戦は終了。今回、オーケストラコンサートの各会場で手に入るキャラクターのフェイトエピソードには、植松氏と成田氏が声優として参加されているとのことで、「ヴァイオリンを弾いたことのない人に、ヴァイオリンを弾いてくださいって言われているようなもん」(植松氏)、「無理、無理、怖いってなりました」(成田氏)と、それぞれ感想を口にした。

 休憩明けの後半最初の曲目は、『遥かなる旅路、天翔ける戦線』、『歴史の分水嶺』。さらに続いて『悲壮』、『リヴァイアサン・マグナ』の2曲を披露。『悲壮』は植松氏らしい楽曲と紹介され、植松氏も「悲しいメロディーだけではなく、後半でちょっと希望が差すところがあるのですが、それを入れることでより悲しさが引き立つんです」と聴きどころをコメント。さらに『リヴァイアサン・マグナ』に関しては和楽器を多く取り入れた原曲となっていたが、オーケストラアレンジするに当たって成田氏は「これまでやってみようと思って試したことの中から、おもしろいなと思ったものを取り入れています」と明らかにした。最後は『満天に嘶く』、『アウギュステ列島 ~白沫の瀑布~』の2曲が演奏される。『アウギュステ列島 ~白沫の瀑布~』は『グラブル』楽曲の中でも人気曲のひとつということで、会場中がその一音一音に聞き惚れていた。

 さらに、アンコールとして『バトル1&2メドレー』、『ロボミ』の2曲も披露。『ロボミ』という意外な選曲にも驚きだったが、指揮を担当する栗田氏が観客に手拍子を促すなど、会場を巻き込んでの演出で公演のラストを華やかに彩った。


■会場内でも『グラブル』世界を堪能できる
■渋谷の街が『グラブル』一色に!
■GRANBLUE FANTASY ORCHESTRA -SORA NO KANADE-
2016.08.12 東京公演 昼の部セットリスト
01. メインテーマ
02. 大星晶獣との戦い
03. フレイメル島~太古の工廠~
04. ルーマシー群島~神秘の森~
05. コロッサス・マグナ
06. 始まりの風
07. 天に散りし覇者との邂逅
08. シュヴァリエ・マグナ
09. 遥かなる旅路、天翔ける戦線
10. 歴史の分水嶺
11. 悲壮
12. リヴァイアサン・マグナ
13. 満天に嘶く
14. アウギュステ列島 ~白沫の瀑布~
En01. バトル1&2メドレー
En02. ロボミ

最終更新:8/12(金) 18:07

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]