ここから本文です

ソフトバンク今季初5連敗…4失策で自滅も工藤監督「危機的状況ではない」

デイリースポーツ 8月12日(金)9時0分配信

 「オリックス4-3ソフトバンク」(11日、京セラドーム大阪)

 ソフトバンクは4失策で自滅した。今季初の5連敗。工藤監督は「(正念場は)まだ先かなと思う。危機的状況ではない」と淡々と振り返ったが、悪循環が止まらない。5位・オリックスを相手に今季2度目の同一カード3連敗を喫した。

 前日に続く1番起用となった柳田が二回に金子から2点適時二塁打。幸先よく先制したが、これでも波に乗れない。直後の守備で三塁・松田の送りバントを取り損ねる失策などが絡んで1死二、三塁とすると、内野ゴロの間に1点を返された。

 逆転を許した六回は3失策が重なった。1死一塁から東浜が伊藤の送りバントの処理を焦り、小島のゴロも二塁に悪送球して1死満塁。ここで安達に中前に2点適時打を許すと、中堅の柳田が中継へ悪送球。さらに川端にも適時打を許した。

 「焦る必要のないところで焦ってしまった。僕の責任」。6回4失点で降板した東浜はうなだれた。自らの守備のミスが響き、自責0で喫した今季5敗目の責任を背負い込んだ。

 2位・日本ハムも敗れたため、3ゲーム差は変わらなかった。「ミスをしない人はいない。次をどうするか。重圧のかかるゲームを良い経験にすることが大事だし、これからはこんな戦いが続く」と工藤監督。この敗戦を糧にするしかない。

最終更新:8月12日(金)9時34分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報