ここから本文です

【体操】個人総合14位の村上茉愛「自分としては珍しい失敗」

東スポWeb 8月12日(金)16時12分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ11日(日本時間12日)発】体操女子個人総合決勝が行われ、昨年の世界選手権個人総合で6位だった村上茉愛(20=日体大)は、合計56.665点で14位に終わった。得点源の床運動で痛恨の着地ミス。跳馬はまずまずの得点だったが、段違い平行棒と平均台が低空飛行となり、全体的には物足りない結果になった。

「緊張もせず、一番落ち着いて演技はできていました。ただ、床で自分としては珍しい失敗をしてしまった。これにはビックリした。団体の疲労もあったんだと思う」

 だが、悲観はしていない。16日には種目別床運動が残っている。中4日もあれば疲労も回復して本来の村上を見せることができることだろう。「今日のミスをなくしてめちゃくちゃいい演技をしたい。そしたら結果はついてくると思う」と前を向いた。

最終更新:8月12日(金)16時27分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。