ここから本文です

山下選手リオへ出発 陸上男子三段跳び

福島民報 8月12日(金)11時51分配信

 リオデジャネイロ五輪の陸上競技男子三段跳びに出場する福島市出身の山下航平選手(21)=筑波大4年、橘高卒=は米国ニュージャージー州プリンストンでの最終合宿を終え10日(日本時間11日)にブラジルに向かった。男子三段跳びは15日午前(日本時間15日午後)に行われる。
 合宿に同行した男子三段跳び日本記録保持者で橘高教諭の父訓史さん(53)によると、最後の練習の際、助走スピードを上げての跳躍で若干バランスが悪かったが、本番までには修正できそうだという。
 訓史さんは「初めての海外試合が五輪の舞台で、こんな経験はめったにない。世界のトップ選手のパワーやスピードに惑わされず、気負わずにこれまで通りやってほしい」とコメントを寄せた。

福島民報社

最終更新:8月12日(金)12時6分

福島民報