ここから本文です

ホンダ NSX 欧州仕様、新旧比較…ひと回り大きな新型

レスポンス 8月12日(金)21時45分配信

ホンダが間もなく、世界市場での販売を本格化する新型『NSX』。欧州では、新型NSXの新たな公式写真が公開された。

画像:ホンダ NSX 欧州仕様の新型と旧型

これは、欧州ホンダが公式サイトを通じて配信したもの。2017年モデルとして欧州市場に投入される新型NSXに関して、新しいオフィシャル写真を披露している。

注目できるのは、新旧NSXの比較写真だろう。初代NSXは1989年に誕生。ホンダによると、スタイリングやパフォーマンス、品質、快適性、使い勝手などの面において、スーパーカーセグメントを変えることに成功したという。

新旧NSXが並んだ画像では、新型NSXが初代よりも、見る角度によっては全長が短く見えるかもしれない。しかし、新型のボディサイズは欧州仕様の場合、全長4487mm、全幅1939mm、全高1204mm、ホイールベース2630mm。

一方、初代NSXは全長4430mm、全幅1810mm、全高1170mm、ホイールベース2530mm。新型は初代よりも57mm長く、129mmワイド、34mm背が高く、ホイールベースは100mm長い。

すでに公表されているように、ホンダは新型NSXの外観デザインに、「Interwoven Dynamic」をテーマに掲げ、エキゾチックなフォルムと、スーパーカーの機能性を高次元で融合することを目指した。キャビンフォワードなパッケージングも、新型が初代よりも短く見える一因かもしれない。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月12日(金)21時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]