ここから本文です

ANA、羽田空港でトラブル 28便が荷物載せず出発 コンベア故障が原因 乗客への告知は到着後

ITmedia ニュース 8月12日(金)15時34分配信

 全日本空輸(ANA)は8月12日、同日朝に羽田空港を出発した国内線28便で、乗客から預かった荷物をまったく搭載しないか、一部搭載しないまま出発するトラブルがあったことを明らかにした。荷物を運ぶベルトコンベアの不具合が原因。荷物は後続の便で行き先の空港に届ける。

 トラブルが起きたのは、12日午前6時50分過ぎ。カウンターで預かった荷物を機内に運ぶベルトコンベアのうち1台で、手荷物が正常に搬送されていることを検知するセンサーが故障。「手荷物が流れていない」と誤検知し、ベルトコンベアが停止した。

 約40分後の午前7時35分には復旧したが、出発便を長時間待機させることによる混乱や、後続便への影響を避けるため、一部の便で、荷物をまったく搭載しないか、一部の荷物を登載しないまま出発した。

 すべての荷物が登載できなかったのは、高松や千歳、伊丹行きなど16便・乗客数は約4800人、一部未登載で出発したのが神戸、福岡、広島行きなど12便で、乗客数は約3000人(ANAが午後2時までに確認した分)。

 荷物が搭載できなかったことは、出発前には乗客には知らせず、到着後に周知したという。「事前に周知すると、降りたいというお客様が出るなど混乱する可能性があった」ため、到着後に周知することを現場で判断したという。

 Twitterでは、該当の便に乗っていた乗客から「荷物が届いていないと着陸後に聞いた」「荷物を積むのに時間がかかったから離陸が遅れたと聞いたのに、積んでいなかったなんて」などの報告が相次ぎ、ANAの対応に批判が集まっていた。

最終更新:8月12日(金)15時34分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]