ここから本文です

武井壮、内村は室伏に続く「2人目の倒せない生き物…」

デイリースポーツ 8月12日(金)11時8分配信

 タレントの武井壮(43)が12日、ツイッターを更新し、リオ五輪体操男子個人総合で金メダルを獲得した内村航平へ「室伏広治に続いて2人目の『倒せない生物』だな」とつぶやき、そのアスリートとしての完璧ぶりに舌を巻いた。

【写真】坂上忍 武井壮の亡き兄との絆を告白 兄の死後に武井壮を知り号泣

 武井はツイッターで、最後まで内村と優勝を争ったベルニャエフが、内村へ「審判に好かれているのではないか」などと意地悪な質問をした記者に対し「無駄な質問だ」と退けた記事をアップ。そして「ライバルにこんな風にリスペクトされるところが内村航平の素晴らしさだな」と、ベルニャエフだけではなく、内村に対しても賞賛のつぶやきをつづった。

 そして「尊敬するわ。オレもこんな王者になりたいわ」と、感嘆コメントをつぶやいた後、「室伏広治に続いて2人目の『倒せない生物』だなこれは。。。」ともつづり、以前から「自分が勝てない」と絶対的に尊敬している元陸上ハンマー投げメダリストの室伏広治とともに“最強アスリート”に認定した。

 武井は12日に放送された日本テレビ系「スッキリ!」でも「家族の中の夫として父親として、チームキャプテンとして、体操のリーダーとして他の選手が尊敬している中で、全部背負って金メダル2つ取ったのは、おれはアスリートとして完璧な試合だったと思う」と、内村の試合運びを絶賛していた。

最終更新:8月12日(金)13時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。