ここから本文です

萩野、銀メダルも悔い「もっといい勝負したかった」 フェルプスが4連覇

デイリースポーツ 8月12日(金)11時14分配信

 「リオ五輪・競泳男子200m個人メドレー・決勝」(11日、五輪水泳競技場)

 萩野公介(21)=東洋大=は1分56秒61で2位に入り、銀メダルを獲得。400メートル個人メドレーでの金、800メートルリレーでの銅に続き、今大会3個目のメダルとなった。

 150メートルの折り返しでは5番手争いを演じていた萩野だが、最後の50メートルとなった自由形で激しく追い込むと、世界記録保持者のライアン・ロクテ(米国)らをかわして、2位でフィニッシュした。

 萩野はレース後「もっといい勝負したかったのが、率直な感想。五輪を6日間通して戦い切る力が全然、なかったということで、今は素直に疲れました」と狙っていた金メダルを逃し、悔いを見せた。

 それでも最後は「フェルプスやロクテもいて、こういう最高の場で泳げたことを喜びをかみ締めて泳ごうと思ってました」とサバサバした表情で、リオ五輪最後のレースを振り返っていた。

 マイケル・フェルプス(米国)が1分54秒66で、五輪競泳史上初の4連覇を達成。五輪史上最多の通算22個目の金メダルを獲得した。

最終更新:8月12日(金)12時28分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]