ここから本文です

【W―1】飯伏“イケメン対決”貫禄勝ち

東スポWeb 8月12日(金)16時30分配信

 W―1のビッグマッチ「プロレスLOVE in YOKOHAMA」(11日、横浜文化体育館)でプロレス界の生ける謎・飯伏幸太(34=飯伏プロレス研究所)は黒潮“イケメン”二郎(23)に貫禄勝ちを収めた。

 現在、WWEのクルーザー級クラシックトーナメント(CWC)に参戦中の飯伏が国内で試合をするのは5月のIGF大阪大会以来。2階席からのケブラーダを放つなど、変わらぬ破天荒ぶりを見せつける。イケメンも雪崩式リバースフランケンで対抗するが、飯伏は相手のカサドーラをこらえると、そのまま危険な角度で頭からマットに突き刺す。何とも人間性を疑うような荒技からシットダウン式ラストライドで3カウントを奪った。

 試合後は「いやあ、楽しかったですね。CWCに勝ちつつ、日本でも試合をしていきたい」とご満悦。「オファーはたくさん来てて…。ただ電話に出れていないのがあるので、徐々にかけ直していこうと思ってます」と、今後は国内団体に積極的に参戦していく姿勢を見せた。だが比類のない面倒くさがり屋の飯伏が、宣言通りに律義な営業活動を行うとは到底思えず、口からでまかせの可能性も捨てきれない。

最終更新:8月12日(金)17時8分

東スポWeb