ここから本文です

【高校野球】鳥取・境の坂口監督は「絶対に笑ってはくれない監督」

東スポWeb 8月12日(金)16時30分配信

 第98回全国高校野球選手権大会第7日第2試合で明徳義塾(高知)と対戦する境(鳥取)には「絶対に笑ってはくれない監督」がいる。

「笑っている姿を見たことがない。ニヤリともしない監督です」と主将の浜(3年)。ナインによると坂口監督はきちょうめんで厳格な性格。理論的で反論など一切できないとのこと。鳥取大会を9年ぶりに制した瞬間ですら、表情一つ変えずに「早く着替えてバスに乗りなさい。胴上げなんかしなくていい!」と指示。ナインは「こんな時でも笑わないなんて…」と諦めに近い感情を抱いたという。なぜ、笑わないのか。坂口監督は「相手へのリスペクトもあります。でも一番は自分への戒め。僕は“悪いやつ”なんですよ。だから悪いところが出ないように気を張ってるんです。ニヤニヤしているようだとそれが出てしまうから」と説明したが…。

 そんな指揮官の悲願は「鳥取から公立校で日本一」。浜は「甲子園で勝ったら笑ってほしい。どんなふうに笑うか見てみたい」と思いをはせる。「甲子園で坂口監督を笑顔にする」は境ナインのテーマでもある。

最終更新:8月12日(金)17時1分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。