ここから本文です

池江璃花子の16歳ライバルが女子200自由形で同着金メダルの珍事

デイリースポーツ 8月12日(金)12時13分配信

 「リオ五輪・競泳女子100m自由形・決勝」(11日、五輪水泳競技場)

 シモーン・マニュエル(米国)とペニー・オレクシアク(カナダ)が、五輪記録となる52秒70の同着で1位となり、ともに金メダルを獲得した。

 16歳のオレクシアクは186センチの恵まれた体格で、今大会は100mバタフライで銀メダル、400mと800mのリレーでともに銅メダルも獲得。同い年の池江璃花子とはジュニア時代からライバル関係にあり、4年後の東京五輪ではともに“エース”として活躍が期待される。

最終更新:8月12日(金)12時28分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]