ここから本文です

日本の金メダルが7日目でロンドン五輪に並ぶ 金藤で7個目金

デイリースポーツ 8月12日(金)12時56分配信

 11日に行われたリオデジャネイロ五輪競泳女子200メートル平泳ぎで金藤理絵(27)=Jaked=が金メダルを獲得。これで、日本選手団が獲得した金メダルは7個となり、大会7日目にして早くも前回のロンドン大会に並んだ。

【写真】内村の演技を見つめる妻・千穂さん…ネットも騒然の超絶美人だった!

 競泳陣ではすでに、男子400メートル個人メドレーで萩野公介(21)=東洋大=が獲得。そのほかの金メダルは、体操男子団体と同男子個人総合の内村航平(27)=コナミスポーツ=の2つ。

 ロンドンでは男女合わせて1個と惨敗に終わった柔道陣も、男子73キロ級の大野将平(24)=旭化成=、同90キロ級のベイカー茉秋(21)=東海大=、女子70キロ級の田知本遥(26)=ALSOK=の3個をすでに獲得している。

 今後も柔道が最終日を残しているほか、ともに五輪4連覇のかかる女子53キロ級の吉田沙保里(33)=YSW=と同58キロ級の伊調馨(32)=ALSOK=がいるレスリングやバドミントンなどの注目種目が控えており、ロンドン超えは確実といっても過言ではない。

最終更新:8月12日(金)13時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]