ここから本文です

2万9800円のハイレゾプレーヤーも! e☆イヤフォンが中国シャンリンのDAPやポタアンの販売を開始

ITmedia LifeStyle 8月12日(金)20時9分配信

 e☆イヤフォンは8月12日、中国Shanling Digital Technology Development(以下、シャンリン)のデジタルオーディオプレーヤーおよびポータブルヘッドフォンアンプを国内で販売すると発表した。8月18日から同社各店舗とWeb店舗で取り扱う。

ポータブルヘッドフォンアンプの「H1」

 シャンリンは1988年にHi-Fiステレオパワーアンプを皮切りにオーディオ製品の開発と製造をスタート。現在ではSACDプレーヤーやHi-Fiアンプ、真空管アンプなど幅広いオーディオ製品の開発と製造を手がけている。今回、日本で販売するのは、同社のハイエンドDAP「M5」、エントリークラスのDAP「M2」、そしてエントリークラスのポータブルヘッドフォンアンプ「H1」の3機種だ。

 「M5」は、DACに旭化成エレクトロニクスの「AK4490」を搭載し、最大192kHz/32bitのPCM音源を再生できるハイレゾ対応のプレーヤーだ。3インチのIPS液晶パネルを搭載し、音楽だけでなく映像も楽しめるという。ストレージはMicroSDカード(最大128GB)。本体サイズは57(幅)×13.8(奥行き)×120(高さ)mm、重量は約135g。ブラック、ブロンズ、グレーの3色をラインアップしており、販売価格は各4万9800円となっている。

 「M2」は、DACにシーラスロジックの「CS4398」を搭載し、最大192kHz/32bitのPCM音源を再生できるハイレゾ対応プレーヤー。ボディーサイズが52.5(幅)×13.8(奥行き)×110(高さ)mm、約115gと小型軽量で、「取り回しがしやすく、初めてのハイレゾプレーヤーとしてもオススメ」(e☆イヤホン)だという。ストレージはMicroSDカード(最大128GB)。ブラック、グレー、ゴールド、サファイアの4色を各2万9800円で販売する。

 「H1」は、バーブラウンのヘッドフォンアンプ「TPA6120A2」とオペアンプ「OPA2134」を搭載したアナログ入力のヘッドフォンアンプだ。本体サイズは60(幅)×73(奥行き)×16(高さ)mm、重量は約100g。ブラックとシルバーの2色をラインアップしており、価格は各1万4980円。

最終更新:8月12日(金)20時9分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]