ここから本文です

クロアチアのレジェンドがユーべの新エースを痛烈批判「102億円で豚がやってきた」

東スポWeb 8月12日(金)20時31分配信

 クロアチア代表のレジェンドでアゼルバイジャン代表監督を務めるプロシネツキ氏(47)が、セリエA・ユベントスの新エースFWゴンサロ・イグアイン(28=アルゼンチン)を猛烈批判した。スペイン紙「マルカ」が11日、報じた。

 7日に行われたユベントスとウェストハム(イングランド)の親善試合に出場したイグアインだが、万全には程遠い状態で不発に終わった。オーバーウエート気味の姿が現地メディアで報道され、SNS上でも拡散し話題となっていた。プロシネツキはその姿を見てがくぜんとし、辛口批判を展開したのだ。

 クロアチアメディアのインタビューで「彼を見て、衝撃を受けたよ。ユベントスは9000万ユーロ(約102億円)を払ったら、豚がやってきたんだ。アレグリ監督がショックを受けてる姿が想像できるよ」とワールドクラスのストライカーを「豚」扱いして、切り捨てたのだ。

 それでも最後には「でもすぐに彼のコンディションが整うといいね」と期待を込めたフォローをした。

 イグアインは昨季リーグ戦で36ゴールを挙げ、セリエAの年間得点記録を更新。ユベントスは欧州チャンピオンズリーグ制覇の切り札として、ナポリに9000万ユーロの移籍金を支払って、獲得していた。

最終更新:8月12日(金)20時36分

東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]