ここから本文です

小林幸子が「アルスマグナ」のライブにサプライズ出演

東スポWeb 8月12日(金)21時31分配信

 歌手の小林幸子(62)が12日、都内で行われた5人組ダンスユニット「アルスマグナ」のライブにゲスト出演した。

 アルスマグナは学園の生徒4人と教諭1人、ぬいぐるみからなる5人組+ぬいぐるみのユニット。音楽活動だけではなく漫画とも連動しており「2・5次元コスプレダンスユニット」と称している。

 幸子は先月リリースしたアルスマグナ5枚目のシングル「サンバDEわっしょい! feat.九瓏幸子」にメンバーの九瓏ケントのおばあさん「九瓏幸子」という設定で参加している。

 ゴールドのドレスに青い髪の毛というコスプレで登場した幸子は、サンバのリズムに合わせて陽気に踊りながら熱唱した。

 幸子が「みんな元気! 今日はどうもありがとう。とっても楽しいです。ひと言、おばあさまと呼んで!」とマイクを持つと、客席から「おばあさま~」と大声援が飛んだ。それを聞いた幸子は満足げに引き揚げていった。

 ちなみに同曲はカンボジア代表のマラソン選手としてリオデジャネイロ五輪に出場する猫ひろし(39)の公式応援ソングにもなっている。幸子は「国は違うけど、応援しています」とエールを送った。

最終更新:8月12日(金)21時38分

東スポWeb