ここから本文です

マーケティングオートメーション「リストファインダー」とSansanの名刺情報管理サービスが連携

ITmedia マーケティング 8月12日(金)20時58分配信

 法人営業の支援業務を手掛けるイノベーションは、法人向け名刺管理サービスを手掛ける「Sansan」と連携し、イノベーションが提供するB2B特化型マーケティングオートメーションツール「リストファインダー」においてSansanの名刺情報を利用して効率的な営業活動が可能になったと発表した。

 リストファインダーはB2B企業の活用に特化したマーケティングオートメーションツール。 一括メール配信やフォームの作成、セミナー管理など、見込み客リストの構築から興味関心の醸成、営業活動への有望リストの引き渡しまで、法人営業のプロセスを全体的に支援する。初期費用10万円、月額費用3万円~。

 Sansanは、スキャナーやスマートフォン専用アプリで読み取った名刺情報を入力オペレーターが正確にデータ化し、クラウド型アプリケーションを通して組織内で名刺情報を共有できるサービス。さらにその名刺情報を基にしたマーケティングや営業活動、顧客管理といった幅広い活用が可能な機能を備え、効率的に営業力強化を実現する。

 今回の連携により、SansanからCSVファイルでダウンロードした名刺情報をリストファインダーにアップロードすると、Sansan上に登録された名刺情報が簡単にリストファインダーに登録することができ、 見込み客リストの作成から興味関心の醸成、営業活動への有望リストの引き渡しまでの法人営業のプロセスを効率的に行うことが可能となる。

 本機能は、リストファインダーおよびSansanのそれぞれの利用費用のみで利用可能。

最終更新:8月12日(金)20時58分

ITmedia マーケティング