ここから本文です

「でんぢゃらすじーさん」ゴー邪スギャグ8連発が付録に!別コロの新星も登場

コミックナタリー 8月12日(金)16時57分配信

曽山一寿「でんぢゃらすじーさん邪」の新作エピソードが掲載された小冊子「ゴー邪スコミックBOOK」が、本日8月12日発売のコロコロコミック9月号(小学館)に付属している。

小冊子では「でんぢゃらすじーさん邪」のギャグ8連発を100ページにわたって展開。また同冊子を逆サイドから読むと、別冊コロコロコミックSpecial(小学館)で連載中の3作品が楽しめる「スプラトゥーン+コロコロニュースター新見参コミックブック」に。ゲーム「Splatoon(スプラトゥーン)」をひのでや参吉がコミカライズした「Splatoon」や、吉野あすみ「やりすぎ!! イタズラくん」、勝見直人「ダブルデカ! 正義と時夜」の3作が収録されている。

また本誌には次号より連載がスタートする、やぶのてんや「ポケットモンスター サン・ムーン」の予告マンガが登場した。

最終更新:8月12日(金)16時57分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。