ここから本文です

日本ハム・大谷が今季3度目3三振 好機を逃し楽天にサヨナラ負け

東スポWeb 8月12日(金)23時54分配信

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が12日の楽天戦(コボスタ宮城)で、今季3度目の3三振を喫した。

 前日11日の西武戦(札幌ドーム)は3打数無安打で、6月19日の中日戦から続いていた大谷の連続試合出塁は「25」で止まった。

 仕切り直しとなったこの日は3番・指名打者で先発。2四球による出塁はあったものの、第3打席以降も快音は響かず、4タコ(3三振)に終わった。しかも、3―3の同点で迎えた9回二死二塁の第5打席と延長11回二死二塁の第6打席で、いずれも空振り三振に倒れ、勝ち越し機を逃した。

 大谷の1試合3三振は4日のロッテ戦(QVC)以来、今季3度目。

 試合は延長11回、楽天・島内にサヨナラ犠飛を打たれ、日本ハムは3―4で敗戦。首位・ソフトバンクが6連敗を喫したにもかかわらず、痛いサヨナラ負けでゲーム差を詰めることはできなかった。

最終更新:8月12日(金)23時54分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報