ここから本文です

中田ヤスタカ×米津玄師の映画主題歌、サントラ盤と2枚組でCDリリース

音楽ナタリー 8月12日(金)17時0分配信

中田ヤスタカと米津玄師がコラボレーションした、映画「何者」の主題歌「NANIMONO (feat. 米津玄師)」が10月5日にCDリリースされる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

映画「何者」は朝井リョウのベストセラー小説が原作。佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生が演じる就職活動中の学生が、自分自身を模索する様子を描く。

CD作品のタイトルは「NANIMONO EP / 何者(オリジナル・サウンドトラック)」で、2枚組CDとしてリリースされる。DISC 1には主題歌およびこの曲のリミックス版など5曲を収録。DISC 2は中田ヤスタカが手がけた劇中音楽を収めたサウンドトラックアルバムとなっている。

中田ヤスタカ「NANIMONO EP / 何者(オリジナル・サウンドトラック)」収録内容
DISC 1
NANIMONO EP01. NANIMONO(feat. 米津玄師)02. NANIMONO(feat. 米津玄師)extended mixほかリミックス含む全5曲を収録予定

DISC 2
何者(オリジナル・サウンドトラック)全12曲収録予定

最終更新:8月12日(金)20時42分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。