ここから本文です

加納陸が国内最年少世界王者に自信 難敵・高山を「ポーンと超えたい」

デイリースポーツ 8月12日(金)15時51分配信

 「ボクシング・WBO世界ミニマム級王座決定12回戦」(8月20日、三田市駒ヶ谷運動公園体育館)

 同級1位の加納陸(18)=大成=は12日、兵庫県三田市内で同級2位、前IBF世界同級王者の高山勝成(33)=仲里=と行う王座決定戦に向け、練習を公開した。6月中旬に10日間で200キロ走を敢行し、スタミナ強化。3日前に打ち上げたスパーリングは100ラウンド以上と過去最高の準備をこなした。

 「順調に来ている。あと1週間気を抜かず100パーセント以上の力を出せるようにしたい。内容の濃いスパーリングができたし、いいイメージで仕上がった」と自信をみなぎらせた。

 勝てば元世界2階級王者・井岡弘樹氏(47)の18歳9カ月10日を越え、18歳9カ月4日で国内最年少世界王者となる。記録更新を逆算して16歳時に海外でプロデビュー。その後、強敵とのマッチメークを次々とクリアし、全速力でこの舞台にたどり着いた。

 下馬評はキャリア豊富な高山だが、1戦ごとの急成長で逆転は可能だ。「高山さんの情報は嫌でも耳に入ってくるけど気にはしない。キャリアは若さと勢いでポーンと超えたい」と意気込んだ。

最終更新:8月12日(金)16時5分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]