ここから本文です

佐藤蛾次郎の妻死去 元女優、骨髄腫で…NAOMI「絶句」

デイリースポーツ 8月12日(金)20時20分配信

 俳優・佐藤蛾次郎(71)の妻で元女優、和子(かずこ)さんが7月30日に多発性骨髄腫のため亡くなった。享年68。歌手で元競輪選手、中野浩一氏の妻、現在は加護亜依が所属する事務所の社長でもあるNAOMIがブログで追悼した。

【写真】加護亜依と親交が深く、所属事務所の社長でもあるNAOMI

 NAOMIは約18年前にレギュラー出演していたテレビのバラエティー番組で共演しており、「佐藤蛾次郎の奥さま 和子さんが7月末に骨髄のご病気でお亡くなりになりました」(※原文ママ)と伝え、「昨夜、その事を聞き本当に本当にショックでビックリ…」「何年かお逢いしていない間に…絶句しました」と驚きを隠せなかった。

 和子さんが夫の蛾次郎とやっていた銀座の店を2、3回訪れたこともあり、「当時出演していた奥さま達の中で私が1番、年下だったので とても可愛がって下さいました。」と思い出をつづった。

 昨年、「その番組に出演していた奥さま達と同窓会をしたばかり」だったが、和子さんは欠席で、「お仕事がお忙しいのかな?とふと、思っていましたが まさか!!闘病されていてもう、お逢い出来ないなんて本当に本当にショック」とつづった。

 NAOMIは「蛾次郎パパもさぞやお寂しい事でしょう。仲の良いご夫婦でした。残念でなりません」と残された蛾次郎の胸中を思いやっていた。

最終更新:8月12日(金)20時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。