ここから本文です

京都でデヴィッド・ボウイ映画のオールナイト、「ラビリンス」など3本上映

映画ナタリー 8月12日(金)19時11分配信

「デヴィッド・ボウイ・ナイト」と題されたオールナイトイベントが、明日8月13日の深夜から翌朝にかけて京都・京都みなみ会館にて開催される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この企画は、デヴィッド・ボウイ主演作「地球に落ちて来た男」が同日から公開されることを記念したもの。2013年にイギリス・ヴィクトリア&アルバート博物館で開催された同名回顧展の模様を記録したドキュメンタリー「デヴィッド・ボウイ・イズ」、ボウイの楽曲「モダン・ラヴ」が主題歌として使用されているレオス・カラックス監督作「汚れた血」、ボウイが魔王ジャレスを演じた「ラビリンス 魔王の迷宮」が上映される。

前売り券は劇場窓口、Peatix、チケットぴあにて販売中。劇場窓口とPeatixでは「地球に落ちて来た男」のチケットが付いたものも販売される。

デヴィッド・ボウイ・ナイト
2016年8月13日(土)京都府 京都みなみ会館開場 24:10 / 開映 24:25 / 終映 翌6:35(予定)<上映作品>「デヴィッド・ボウイ・イズ」「汚れた血」「ラビリンス 魔王の迷宮」料金:当日一般 2800円 / 学生、会員 2600円 / 前売り券 2600円 / 「地球に落ちて来た男」チケット付き前売り券 3500円※18歳未満入場不可

最終更新:8月12日(金)19時11分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。