ここから本文です

上田秀人の小説「破斬」をかどたひろしがマンガ化、幕府の勘定吟味役を描く

コミックナタリー 8月12日(金)22時8分配信

本日8月12日に発売されたコミック乱ツインズ9月号(リイド社)にて、上田秀人原作によるかどたひろしの新連載「勘定吟味役異聞 破斬」がスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「勘定吟味役異聞 破斬」は上田による同名時代小説のコミカライズ。江戸幕府6代将軍家宣の懐刀・新井白石によって、金銭の出納を監査する勘定吟味役に任命された水城聡四郎の活躍が描かれる。

9月13日発売のコミック乱ツインズ10月号では、6月に休刊した戦国武将列伝(リイド社)より楠桂「鬼切丸伝」が移籍し、連載を再開させる。

最終更新:8月12日(金)22時8分

コミックナタリー