ここから本文です

RG率いる幕張イオンモールズがプロバスケチームと対決、大差で敗れリベンジ誓う

お笑いナタリー 8月12日(金)22時21分配信

昨日8月11日、千葉・よしもと幕張イオンモール劇場にてイベント「大荒れの千葉ダービー!千葉ジェッツ vs RG率いるよしもと幕張イオンモールズ」が開催され、レイザーラモンRG、チョコレートプラネット、アイロンヘッド、大西ライオンらが出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

千葉ジェッツは9月に開幕するプロバスケットボールの新リーグ「B.LEAGUE(Bリーグ)」に参加するチームで、このイベントは共に千葉を拠点として活動する幕張イオンモールズとの初コラボ。バスケットの試合と同じように第1クォーターから第4クォーターまで、4つのゲームで両チームが対決した。

まずはドリブルしながらテーマに沿ったしりとりをチーム内でつないでいく「ドリブルしりとり」に挑戦。バスケ経験者の少ない幕張イオンモールズはドリブルに苦戦し、なかなかしりとりにまで頭が回らない。チョコプラ松尾が「レーズン!」という回答に「パン!」と補足し、過ちに気づいてさらに「……の、焼いたやつぅー!」と絶叫する場面も。

一定の距離から丸めたティッシュをゴミ箱にシュートし、成功すれば3ポイントが加算される「連続ティッシュスリーポイント」では、千葉ジェッツのマスコットキャラクター・ジャンボくんが暴走。ゴミ箱に限界まで近づくも、ティッシュはゴミ箱にかすりもしない。幕張メンバーから「ずるい!」「前に来すぎ!」などと野次ぶ中ことごとくシュートは失敗に終わり、「いや、外すんかい!」と芸人がコケる一連の流れにも大爆笑が起こる。

最後はRGが出題する「クイズ千葉ジェッツあるある」で盛り上がった一同。結果は18対39の大差で幕張イオンモールズが敗れ、RGは「絶対リベンジマッチやろうぜ!」と悔しがった。

最終更新:8月12日(金)22時21分

お笑いナタリー