ここから本文です

【MLB】ロッキーズの有望株、史上最長タイのメジャーデビューから17試合連続安打!

ISM 8月12日(金)13時14分配信

 コロラド・ロッキーズのトッププロスペクト、デービッド・ダール外野手が現地11日、敵地で行われたテキサス・レンジャーズ戦で4打数1安打、1打点、1四球をマーク。史上最長タイとなる、メジャーデビューから17試合連続安打とした。

 22歳のダールは、先月25日に敵地で行われたボルティモア・オリオールズ戦でデビューを果たし、ここまでの17試合で3本塁打を含む24安打を記録。この日は4番レフトで先発出場すると、初回にライト前ヒットを放ち、1941年にシンシナティ・レッズのチャック・アレノが打ち立てた、デビュー戦からの連続試合安打記録に肩を並べた。

 試合は、ロッキーズが12対9で勝利。7対9で迎えた8回、代打のカルロス・ゴンザレスが走者一掃の3点タイムリー二塁打を放つなど5点を奪って逆転に成功すると、その後は救援陣がレンジャーズの反撃を許さなかった。(STATS-AP)

最終更新:8月12日(金)13時14分

ISM

スポーツナビ 野球情報