ここから本文です

今夜はカレーが食べたくなる 『グ・ラ・メ!』に4種カレーが登場

オリコン 8月12日(金)5時0分配信

 女優の剛力彩芽が主演するテレビ朝日系ドラマ『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(毎週金曜 後11:55※一部地域で放送時間が異なる)の第4話(12日放送)は、カレー祭り。全部で4つのカレーが登場する。

【動画】『グ・ラ・メ!』第4話 予告映像

 1つ目は、総理官邸の官邸大食堂に古くから伝わる伝統の“官邸カレー”。清沢晴樹(高橋一生)率いる“清沢会”の料理人たちが自信を持って提供する正統派の一品だ。

 2つ目は、主人公の官邸料理人・くるみが考案したカレー。本来は煮込み料理であるカレーを短時間でおいしく仕上げるためにひとつの秘策を施すが、それが思いがけない波紋を呼ぶことに。

 3つ目は、外務大臣の竹山茂平(大和田伸也)が会合のときにいつも食べているオーソドックスなカレー。竹山は「政治家たるもの、メシはすぐに済ませろ。そしてひとつでも多くの会合に出ろ」という政治信条の持ち主で、会合の食事はカレーがお決まりだった。

 4つ目は、おなじみの築地グルメ。今回は東京・築地にある「鳥めし 鳥藤」の人気メニュー、“親子カレー”が登場する。トロトロの親子丼とカレーのハーモニーを堪能する剛力の表情にも注目だ。

 それぞれのカレーはいったいどんなシーンで登場し、物語に彩りを添えるのか。ドラマを見たら、きっとカレーが食べたくなるに違いない。

最終更新:8月12日(金)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。