ここから本文です

医師タレント・友利新が第2子女児出産「胸がいっぱいに」

オリコン 8月12日(金)13時32分配信

 医師でタレントの友利新(38)が8日に第2子となる女児を出産した。12日、自身のブログで報告した。

【写真】第1子出産後…ママになってもスラリ体型の友利新

 友利は「いつもブログをお読み頂きありがとうございます。私事でたいへん恐縮ですが、8月8日に第二子となる女の子を出産しました」と報告。予定日より約2週間、早かったといい「急ではありましたが、主人も息子も出産に立ち会うことができ、新しい家族を皆で迎えることができました」と喜びをつづった。

 報告が遅れたことについては「出産翌日から娘の血性嘔吐が続いたので、NICU(新生児集中治療室)へ入院をし、点滴などの処置をしていたためです」と告白。「本日、娘は無事NICUから退院し、母乳を勢いよく飲むようになり、ほっと胸をなでおろしているところです」と安堵し「ご心配をおかけし、心からお詫び申し上げます」とした。

 初産の時よりも「分娩室にいる時間は半分で済みましたので、入院から出産まであっという間の出来事でした。こうして今、私の病室で、無事に生まれてきてくれた娘の元気な顔を見ると、胸がいっぱいになります」という友利。「産科、小児科、NICUの先生方をはじめとした、スタッフの皆様のご尽力に頭がさがる思いです」と感謝した。

 最後は、娘を抱く写真を添え「妊娠中には多くの皆さまに、心あたたまるお言葉やご助力を頂き、お礼の言葉もございません。これから始まる息子と娘、2人の育児に気を引き締めつつ、私らしく楽しんでいこうと思います」と決意を新たにしている。

 友利は2013年に一般男性と結婚し、14年7月に長男を出産。今年5月に行われた『第9回ベストマザー賞2016』で第2子妊娠を報告していた。

最終更新:8月12日(金)15時53分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。