ここから本文です

元『あいのり』横粂氏に長女誕生 名前は『結花』

オリコン 8月12日(金)20時1分配信

 “総理”のニックネームで『あいのり』(フジテレビ系)にも出演し、先月、政界引退を発表した横粂勝仁氏(34)が12日、自身のブログを更新。10日に第2子となる女児が誕生したことを報告した。

【写真】よこくめ氏も…あいのりOG&OBメンバーが集合

 横粂氏は「一昨日8月10日、第二子(長女)が誕生しましたことをご報告させていただきます」と発表し、名前については「『結花(ゆいか)』で、結婚式の花=ブーケのように、人と人とのご縁を結び、皆に幸せを与えられるような人になって欲しいという願いを込めています」と紹介した。

 「家族が増えたことで、幸せも増えますが、責任も増えます。これまでの人生前半34年間は、ただがむしゃらに駆け抜けてきましたが、これからの人生後半は、家族と過ごすという極上の贅沢を存分に満喫しながら、ゆっくりじっくりと歩んでいきたいと思います」と気持ちを新たにし「皆さま、引き続き何卒よろしくお願いいたします!」と呼びかけた。

 横粂氏は2013年7月に一般女性と結婚。翌年第1子男児が誕生している。

最終更新:8月19日(金)12時26分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。