ここから本文です

仮面ライダースペクター・山本涼介、激似の大先輩・沢村一樹との親子役共演に感激

デビュー 8月14日(日)7時50分配信

 『仮面ライダーゴースト』で、主人公・タケルの幼馴染である深海マコト/仮面ライダースペクターを演じている山本涼介。現在公開中の『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』では、事務所の大先輩・沢村一樹と親子役で共演。山本は「沢村さんと僕の親子役は、トップレベルに値するくらい顔が似てると思います!」と胸を張った。

【写真】山本涼介の写真・インタビュー

 『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』で父親役を演じるのは事務所の先輩でもある沢村。その共演について山本は「僕自身、沢村さんとは4回目の共演だったので、普段僕は人見知りな部分もあるんですが、余計な緊張をすることなく最初からやりとりができたというのはすごくプラスでした。沢村さんには本当に芝居で引っ張ってもらったというのも感じていて。最後の2人の大事なシーンがあるんですが、自分が台本を読んでイメージしていた以上のことを沢村さんが出してくださったので、そこに乗っかって芝居をさせてもらえました。自分でも予想外の芝居ができて、また自分の引き出しを増やしてもらえたなと思っています」と感謝。

 映画の製作会見で沢村が『自分の息子より似てる』と語るなど、2人は本当の親子のように顔がそっくり。山本は「僕もけっこう周りから沢村さんに似てるって言われることがあったので、自分の中でも似てるかもなと思っていたんです。なので、会見で沢村さんからそういうふうに話を振っていただいたのは嬉しかったです。ドラマや映画とかでいろんな親子役がある中でも、沢村さんと僕の親子役っていうのは、トップレベルに値するくらい顔が似てると思います!」と笑った。

 このほか、現在ドラマが佳境を迎えているテレビ版で演じる役柄、共演者への想いなどじっくりと語ったインタビューは、オーディション情報サイト「デビュー/Deview」に掲載中。映画『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』/『劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキサーカスパニック!』
は全国ロードショー公開中。

最終更新:8月14日(日)7時50分

デビュー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。