ここから本文です

トニー・アイオミ「癌が寛解期に」

BARKS 8月16日(火)10時22分配信

トニー・アイオミが、癌が寛解したことを明らかにした。アイオミは2012年初め、早期の悪性リンパ腫と診断されたことを公表。治療を続けながら、活動を行なってきた。

◆トニー・アイオミ画像

『Birmingham Mail』紙によると、アイオミは今週初め、彼が治療を受ける英国バーミンガムにあるSpire Parkway Hospitalが癌患者へのケアにおいて表彰されたのを祝し、セレモニーに出席。「(先月中旬)ヨーロッパ・ツアーが終わってすぐ、病院へ戻った。嬉しいことに、現時点ではすべてが良好だ。寛解期に入った。この状態が続くことを願っている」と話したという。

「化学療法とそれにつづく治療が成果を挙げたようだ。でも、いつか戻ってくる可能性があるのはわかっている。6週間ごとに血液検査を受け、定期的な検査も受ける。それはこの先ずっと続けていかなくてはならないだろう。でも、ここのような施設があると気が楽だ」

アイオミは来週(8月17日)、ブラック・サバスのツアーを再開。彼らの最後のツアーとなる<The End>は、2017年2月初めまで続く。

Ako Suzuki

最終更新:8月16日(火)10時22分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。