ここから本文です

ロニー・ジェイムス・ディオ、ホログラムのパフォーマンス映像公開

BARKS 8月16日(火)10時23分配信

ホログラムの制作会社Eyellusionが、8月6日にドイツのヘヴィ・メタル/ハード・ロック・フェスティバル<Wacken Open Air>で披露されたロニー・ジェイムス・ディオのホログラム・パフォーマンスの公式映像を公開した。

◆ホログラム・パフォーマンス公式映像

ディオのホログラムは、彼のレガシーを引き継ぐため友人達が結成したバンドDio Disciplesとともに「We Rock」をパフォーマンスした。

これまでマイケル・ジャクソンや2パックのホログラムによるパフォーマンスが公開されているが、ロック・アーティストのもの、およびバンドと一緒にライブ形式で行なわれたのはこれが初めてだったといわれている。

ホログラムの制作には1年が費やされ、ディオの奥さんは「初めて見たとき涙が出た」とコメントしている。あまりにもよくできていたためだろう、「ゾッとした」ともいう。「クルーもリハーサルで初めて目にしたとき、涙を浮かべていました。本当に素晴らしい」

ディオの奥さんやホログラムを制作したEyellusionは、2017年にこのホログラムを使いツアーを計画しているそうだ。

Dio Disciplesには、元ジューダス・プリーストのティム・オーウェンズ(Vo)、 Joe Retta (Heaven & Earthシンガー)、Oni Logan (Lynch Mobシンガー)、ベーシストのビヨルン・エングレン(イングヴェイ・マルムスティーン)に、ディオのクレイグ・ゴールディ(G)、スコット・ウォーレン(キーボード)、サイモン・ライト(Dr)が参加している。

Ako Suzuki

最終更新:8月16日(火)10時23分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。