ここから本文です

【ライブレポート】the GazettE、新木場に創り上げた素晴らしき“地獄絵図”

BARKS 8/12(金) 22:01配信

<the GazettE STANDING LIVE TOUR 16 DOGMATIC -ANOTHER FATE->のファイナル公演が8月2日に新木場STUDIO COASTにて開催された。本記事では当日のライブレポートをお届けする。

◆the GazettE 画像

【漆黒】と【教義】を掲げた『DOGMA』を基軸とする大きなプロジェクト【PROJECT:DARK AGE】の一環であった、43本のライヴツアーのファイナル公演・国立代々木競技場第一体育館(2月28日)で、彼らは新たなる展開を発表した。それはこのプロジェクトの最終章へと繋がる更なる山場でもあった。

彼らは4月27日にリリースしたシングル「UNDYING」を第6弾とし、<The Americas>と題したアメリカ大陸ツアーを第7弾、<The Far East>と題した台湾と中国ツアーを第8弾、<The Continent>と題したフランス、ドイツ、フィンランド、ロシアツアーを第9弾とし、その先に、7月から8月にかけてのスタンディングツアー<DOGMATIC -ANOTHER FATE->を発表したのだ。この<DOGMATIC -ANOTHER FATE->は、7月6日の豊洲PITから始まり、ファイナルとなった8月2日の新木場STUDIO COASTまで、全国8ヶ所10公演で行なわれた国内スタンディングツアーであった。

【漆黒】と【教義】を掲げたライヴは、幕開けの武道館と、2015年9月5日の羽生市産業文化ホールからスタートした<the GazettE LIVE TOUR 15 DOGMATIC -UN->、<the GazettE LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC -DUE->という2015年から2016年を又にかけた大規模なツアーのファイナル公演であった<LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC FINAL -漆黒->と名付けられた国立代々木競技場第一体育館ともに、素晴らしくコンセプチュアルなライヴであったのだが、今回のスタンディングツアーは、スタンディングという環境と、久しぶりの海外ツアーを経ての国内ツアーであったこともあってか、結成14年というバンドの歴史を改めて感じさせる息の合ったバンド力と個々のスキルアップを印象づける“ライヴ感”を持った勢いのあるものでありながらも、素舞台に近い状態の中、the GazettEという絶対的なコンセプトを見せつけてくれたのだった。

8月2日新木場STUDIO COAST。このプロジェクトライヴのセミファイナルとなったこの日、彼らは「DOGMA」を1曲目にそのステージの幕を開けた。通常は解放していない客席上手のバルコニー席までいっぱいに埋め尽くされたオーディエンスの数は半端ない。轟音のような歓声でメンバーを迎え入れると、彼らが放つその音に、大きく振りかぶりひれ伏すような力強いヘッドバンキングで乗っていく。

「新木場! 今夜も暴れて行こうぜ! 思いっきり来い!」
クラシックかつエレガントな黒を纏ったRUKIが叫ぶと、フロアを埋め尽くしたオーディエンスは全身の力を振り絞り、その言葉に声を返した。

オドロオドロしい世界観に侵蝕されたその場は、1曲目にしてすっかりthe GazettEの色に染上げられた。素晴らしき美しい毒。戒のシンバルによって繋がれた「RAGE」は、麗、葵、REITAの畳み掛ける音圧によって、コンセプチュアルなライヴからリアルを追求する直なライヴへと印象を変えた。サビのメロを受け取り、手拍子を重ね楽曲を盛り上げていくオーディエンス。絶対的なカリスマ性を持ちながらも、一方的に押し付ける洗脳的な宗教感ではなく、確実にその毒を浸透させながら、自然と聴き手を狂ったようにのめり込ませていく。まさに、サウンドで犯していくイメージとでも言おうか。自らの世界に完全に引きずり込む彼らの魔力は想像を越える。

REITAのベースがフックとなる「DAWN」から、インダストリアルな音を含む、彼らならではのダンスナンバー「DERANGEMENT」への流れも絶妙。オーディエンスは自然と体がリズムに導かれるそのグルーヴに身を任せ、大きく体を揺らして応えたのだった。そして。このタイミングでオーディエンスのハンドクラッピングによって拍車がかけられた「VENOMOUS SPIDER’S WEB」が投下された。この流れもオーディエンスからしたら絶妙のタイミングであったことだろう。この曲が生まれた先に『DOGMA』が生まれたことを改めて振り返ると、彼らが紡ぎ上げてきた1つ1つに進化と深化を感じさせられた。

ドープな世界の中に、しっかりとthe GazettEを感じさせるメロを置き、タッピングを用いた麗の独特なギターフレーズと隙間の無いドラミングで塗り潰されていく「BIZARRE」。この曲は、圧倒的なテクニックと一聴して彼らの音だと解るサウンド感を見せつけた瞬間でもあったと言えるだろう。ダークさと繊細さが同居する「DEUX」も、the GazettE以外のなにものでもない刹那的な個性を放っていく。そして。立ち込める混沌とした世界の中で麗と葵が紡ぎ出すアコギとエレキの音色が実に心地良く響く「OMINOUS」は、RUKIが呟くように声をそっと音に乗せる形でゆっくりと幕を開けていった。太く力強く抜ける戒のスネアの音が響き、エレキの音色がボリュームを上げていくとサウンドは重厚に響いた。楽曲の後半に置かれる狂おしく泣きじゃくる葵のギターフレーズに感情が掻き立てられる。オーディエンスは物音ひとつ立てず、彼らが描き出すその音に入り込んだ。

ライヴ後半戦を盛り上げたのは「HEADACHE MAN」「ATTITUDE」といったライヴでの人気の過去曲たち。人気曲とあって、この流れは圧巻のノリを見せてくれた。そして、彼らは本編のラストを「UNDYING」で締めくくったのである。「OMINOUS」の歌い出しと同じフレーズから始まるこの曲は、『DOGMA』の最終ピースとして置かれていた【漆黒】と【教義】を掲げたプロジェクトを締めくくる重要な1曲。それは、『DOGMA』を締めくくるツアーのラストに置かれていたことの意味を深く感じさせられた瞬間でもあった。

「新木場! いやぁ、今日は、いいとか悪いとかじゃなくてやばいね。本編の最後の方とか記憶ぶっ飛んじゃってて(笑)。それくらい楽しいです。セミファイナルだけれども、ここまでツアーを楽しく廻れたのも、みんなのおかげだと思ってます。ここから先も全力でたのしませようと思うので、全力でついて来て下さい! 行くぞ新木場! かかってこい!」

そんな戒の言葉から始まったアンコールは、戒のハードなマーティングドラムとREITAの突起なベース音が肝となる「INSIDE BEAST」から幕を開けた。RUKIの挑発にOiコールを返すオーディエンスの声から「THE STUPID TINY INSECT」へと繋がれていった流れもライヴならではの産物。ここでは、ライヴはまさに、5人だけではなく、オーディエンスと共に作られていくものであるということを強く感じさせてくれた場面でもあった。毎回彼らのライヴを見て思うことでもあるが、the GazettEと彼らのファンが生み出すライヴの景色と関係性は実に素晴らしい。

「OH YEAH! 新木場! 生きてるかい? まずは、俺たちとオマエ等がこの時間を共有出来てることに感謝。もうあれですな。時間が過ぎるのは早いね。ホールツアーも合わせると何本ですかね? 忘れちゃいましたけど、相当な本数をまわってきて、代々木も終えて、海外もまわって、今、こうしてセミファイナルなんですけど、無事にまわれたことに感謝してます」
ここでは少し長めにMCの時間を設け、アンコールならではの距離を縮めるRUKIの人間味溢れるトークで、オーディエンスをより深く内面から引き寄せた。

そんなMCの後は、「COCKROACH」から毒々しいフレーズでオーディエンスを煽り立て、「DISCHARGE」「TOMORROW NEVER DIES」と攻め込んだ。ダイヴで埋め尽くされたフロアは、まるで地獄絵図のようだった。

5人がステージから捌けた後もアンコールを求める声は止まず、5人はオーディエンスのその声に応え、再びステージへと戻り、“地獄へようこそ!”という、この曲の導入とも言える言葉から、「関東土下座組合」をダブルアンコールという形で届けた。もはや、フロアに境界線というものなどない。乱れ狂いながら5人の音と唄に応えていくオーディエンス。5人とオーディエンスは、これぞthe GazettEという見事な景色でセミファイナルを締めくくったのだった。

グランド・フィナーレは、9月27日に幕張メッセ国際展示場ホール10で開催されるフリーライヴ<the GazettE STANDING LIVE TOUR 16 GRAND FINALE「DOGMA-ANOTHER FATE-」>となる。このフリーライヴは、アルバム『DOGMA』の完全生産限定盤に封入されていた“GOLDEN TICKET”を2月28日に行なわれた東京・国立代々木競技場第一体育館公園の特設コーナーにて引き換え、期間内にエントリーした人のみが入場出来るという初の試み。5人とオーディエンスはファイナルとなるこの場所で、最高と言い切れたセミファイナルの景色以上の、最高の上を行く景色をどんな形で見せてくれることになるだろう。

取材・文◎武市尚子

セットリスト<the GazettE STANDING LIVE TOUR 16 DOGMATIC -ANOTHER FATE->
2016年8月2日(火)新木場STUDIO COAST
1  DOGMA
2  RAGE
3  DAWN
4  DERANGEMENT
5  VENOMOUS SPIDER’S WEB
6  BIZARRE
7  DEUX
8  OMINOUS
9  WASTELAMD
10  INCUBUS
11  HEADACHEMAN
12  ATTITUDE
13  SLUDGY CULT
14  UGLY
15  BLEMISH
16  UNDYING
EN1  INSIDE BEAST
EN2  THE STUPID TINY INSECT
EN3  COCKROACH
EN4  DISCHARGE
EN5  TOMORROW NEVER DIES
WEN1 関東土下座組合

<the GazettE STANDING LIVE TOUR 16 ~GRAND FINALE「DOGMA-ANOTHER FATE-」~>
2016年9月27日 幕張メッセ国際展示場ホール10
[開場/開演]17:30/18:30
※本公演は、代々木第一体育館公演の特設会場でGOLDEN TICKETと引き換えたエントリーカードをお持ちの方で期間中にエントリーされたお客様が対象となります。

■GRAND FINALE STANDING LIVE TOUR特設サイト
http://the-gazette.com/golden_ticket/

最終更新:8/12(金) 22:01

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]