ここから本文です

グレッグ・オールマン、“健康上の深刻な問題”によりツアーをキャンセル

BARKS 8月16日(火)19時23分配信

グレッグ・オールマン(68歳)が金曜日(8月5日)、深刻な健康上の問題を抱えているため、今週(8月12日)から10月中旬の間に予定していた十数公演をキャンセルすると発表した。

◆グレッグ・オールマン画像

具体的な病名は明かされていないが、彼は現在、アメリカの高名な病院メイヨー・クリニックで治療を受けているそうだ。現在のところ、10月29日にアトランタで彼が開く<Laid Back Festival>には出演予定だという。

オールマンは「休養し、ツアーにできるだけ早く復帰できるよう治療に専念する間、僕を支援してくれるファンや友人達に感謝したい。僕はプライドと喜びとともに、みんなに僕らの音楽をプレイできるようバンドと一生懸命やってきた。10月に会おう」とのコメントを発表している。

キャンセルされた公演には、ZZトップとのジョイント・ツアーも含まれる。

また、オールマンの公式Facebookでは、彼の偽アカウントがいくつか開かれ、寄付を呼び掛けていることに注意を促している。偽アカウントは公式と同じ写真を使うなど巧妙に作られているが、オールマンがお金を要求することはないので気をつけて欲しいという。

Ako Suzuki

最終更新:8月16日(火)19時23分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。