ここから本文です

「チャイナショック」から早や1年、秋の相場はどうなる?

投信1 8/12(金) 12:15配信

今回は秋の相場について考えます

国内外の大きな財政・金融政策の発表や4-6月期決算を無難に通過したので、相場はしばらく小康状態が続く可能性が高いと思われます。早いもので暦の上では8月7日の立秋を過ぎたことから、今回は秋相場のポイントについて考えてみたいと思います。

”日本買い”が復活するための条件

今週の株式市場は、為替相場がやや円高方向で推移する中で、日経平均は底堅さを見せています。この一因は、日銀によるETF買いが背景にあることに異論は少ないと思われますが、見方によるとPKO(プライス・キーピング・ オペレーション)のようでもあるため、日本に本格的なニューマネーを呼び込むためには不十分という印象は免れません。

では、腰が入った“日本買い”を再現するためには何が必要なのでしょうか。それは、改めて申し上げるまでもなく、政府・日銀が目指している「インフレ率2%、実質成長率2%、基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字化」の実現可能性への期待値が上がる大きな変化が起こることでしょう。

とはいえ、そうした期待が実現する可能性は、現時点では非常に限定的です。理由は、以下の記事にあるような労働人口の伸び鈍化、構造改革の遅れ、非効率な資金循環といった構造要因が、依然として大きな障壁として立ちはだかっているためです。

そこを変えることができるか、つまり、今後の秋相場では、経済成長に必要な3要素(労働人口の伸び、生産性の伸び、投資資金の伸び)が改善するための、実効性のある政策が打ち出されていくかを注視していくことが非常に重要なポイントとなります。

出所:米・雇用統計よりも注目したいこと(楽天証券)

循環要因(賃金の動向)を侮ってはいけない

上述したように、構造改革が進むかが重要なポイントではあるものの、景気循環的な回復の可能性についてもアンテナを張っておきたいものです。

特に、日本の労働市場においては失業率が3%台前半にまで低下していることには要注意です。この記事で指摘されているように、現実的にも理論的にも失業率は0%まで低下することはないため、今後の財政政策の効果でさらに失業率の低下が進めば、賃金上昇⇒デフレ脱却という経済の好循環が始まる可能性も否定できないからです。

財政政策は単なるカンフル剤にすぎないと断定してしまわない、“柔軟な視点”を持つことも大切です。

出所:柏原延行の「Market View」次の一手!! (みずほ投信投資顧問)

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 12:15

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。