ここから本文です

橋本環奈が実写『銀魂』で“ゲロイン”演じる…アイドル生命は大丈夫か!?

dmenu映画 8/12(金) 7:30配信

人気漫画『銀魂』の実写映画で、アイドルグループ・Rev. from DVLの橋本環奈がヒロインの神楽役を演じることがわかりました。神楽はチャイナ服にお団子頭がトレードマークで語尾が「~アル」というキャラクター。そう聞くと、“1000年に1人の美少女”こと橋本が演じたら、さぞかし可憐なことだろうと思わず期待していますが、むしろファンは戦々恐々としている様子……? なぜかというと、神楽は『週刊少年ジャンプ』史上初めて嘔吐したヒロイン、“ゲロイン”と呼ばれる自由なキャラクターだからなんです。

鼻をほじり、下ネタ発し、嘔吐…

『銀魂』は『週刊少年ジャンプ』で連載中の空知英秋によるギャグ漫画。江戸時代のような街並みの中で、“天人”と呼ばれる宇宙人たちと地球人が暮らすというSF×時代劇の世界観の中で、何でも屋「万事屋銀ちゃん」の活躍を描いています。

神楽は万事屋の紅一点で同作品のヒロイン。宇宙最強の戦闘種族・夜兎族の生き残りで、大食いで毒舌のチャイナ娘というキャラクター。それだけだったらいいのですが、立ち振る舞いが、やや野生児というか小学生男児っぽいというか……。鼻をほじったり、下ネタを言ったり、嘔吐したりと破天荒。「ジャンプ史上初のゲロを吐いたヒロイン」“ゲロイン”と呼ばれファンから愛されて(?)います。

橋本環奈は「事務所NG関係なし」

橋本は「色白の美少女」という外見の設定は完全にクリアしています。ですが、いくら注目作のヒロインといっても……ファンから「神様、仏様、環奈様」と崇拝される“天使すぎるアイドル”である橋本が?神楽を?演じるのか!?

実写キャストが公表されるなり、Twitter上では、

「橋本環奈ちゃんが神楽ちゃんやるって知ったけどアイドル生命的なあれそれは大丈夫……??」
「橋本環奈ちゃんの黒歴史にならない?なにか弱み握られてるの?」

と騒ぎになりました。

原作ファンからは橋本のイメージを守るため神楽のキャラクターがだいぶ大人しいものになってしまうのではないかと心配の声も上がっていましたが、その点は意外と大丈夫みたいです。なんと橋本本人が8月4日にTwitterで「神楽は皆さんに愛されているキャラクターなので、髪もオレンジに染め、ゲロインとして、鼻ホジもあり、事務所NG関係なしに頑張ってます。笑」と明かし、ファンを安心させました。

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 7:30

dmenu映画

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]