ここから本文です

カラフル高級アイスバーが関西に続出

Lmaga.jp 8月12日(金)22時50分配信

アイスバーと言えば、気軽なおやつ・・・が、今や素材にこだわった高級なフルーツアイスバーが続出。見た目はカラフルでかわいらしく、無添加、無着色にこだわったオーガニック志向なものが注目を集めています。原材料にもこだわり、フルーツがたっぷり入ったものであれば1本500円なんて金額も珍しくありません。

またフルーツだけでなく、トマトやアボカドといった野菜や、モヒートなどのカクテル味といった大人向けの味など、今までにないフレーバーが楽しめるのです。そのため気合いの入った手土産としても使えたり、買いものの合間にちょっとした贅沢な1品としても楽しめるのが魅力。今夏、関西で買えるそんな注目のアイスバーを紹介! どこも種類が多く、どの味にするか、かなり悩んでしまいます。

「SHONAN POPs」&「京都・本くず氷」

保存料や着色料を一切使わず、アガベシロップを使った湘南生まれの「SHONAN POPs」。そして、京都バージョンとして、今年誕生したのが「京都・本くず氷」。こちらは、ゼラチンや牛乳を使用せずに、奈良の「吉野葛本舗 黒川本家」の吉野本葛を使用。そのため、時間をおいても溶けてなくならないというのが、かつてない特徴です。一番人気はフランボワーズぜんざい500円。こちらは「藤井大丸」正面玄関前に9月4日まで登場。

「PALETAS(パレタス)」

2013年に鎌倉で誕生した「パレタス」。旬の国産フルーツの風味を最大限に活かし、果汁やジェラート、ヨーグルト味で楽しめるアイスバー。一番人気はキウイ、オレンジ、パイナップルなどのカットフルーツがたっぷり入ったミックスイースト(480円)。透き通って見える美しいフルーツのビジュアルがポイント。「枚方T-SITE」に関西1号店が今年オープンしており、期間限定で、阪神梅田本店(~8月30日)、大阪タカシマヤ(~9月27日)にも登場。

「BLOCK natural ice cream」

ファッションブランド「アースミュージック&エコロジー」を展開するストライプインターナショナルによるアイスクリーム店は2014年に誕生し、関西1号店は翌年にオープン。ライフスタイルを提案する一環として、カラフルなビジュアルも重視しつつ、食物繊維が豊富な寒天を使ったり、希少糖を使ったりと女性目線なテイストに。パンダ、アライグマなどの絶滅危惧種がデザインされたカラフルな紙コップに入った状態で提供される。マンゴーキウイやトマトトマトが人気。すべて1個390円。店舗はHEP Five地下1階。

Lmaga.jp

最終更新:8月15日(月)17時49分

Lmaga.jp