ここから本文です

【乗りもの豆知識】救急車のサイレンは複数 消防車式「ウーウー」はどんなとき?

乗りものニュース 8/12(金) 7:00配信

昔は「ウーウー」だけだった

 救急車がサイレンを鳴らして走っていく光景は普段よく目にしますが、サイレンの音が場面によって使い分けられていることは、あまり知られていないかもしれません。

 そもそも救急車は市民から要請があり、そこへ「緊急走行」で駆け付ける場合、道路交通法施行令第14条の「緊急の用務のため運転するときは(中略)サイレンを鳴らし、かつ、赤色の警光灯をつけなければならない」という規定に従い、「音」と「光」で自らの存在をアピールしながら走行します。

 サイレンは基本的に「ピーポーピーポー」で、「ピー」「ポー」それぞれ0.65秒ずつ、合計1.3秒でひとつの周期となります。千葉県の匝瑳市横芝光町消防組合消防本部によると、救急車のサイレンはかつて消防車と同じように「ウーウー」でしたが、具合の悪い人に配慮した音として「ピーポー」を採用。東京消防庁では1970(昭和45)年から導入されています。

 しかし実際は常に「ピーポー」ではなく、消防車と同じ「ウーウー」が使われることもあります。大阪市消防局によると、赤信号を進むときや交差点を渡る際に、注意喚起を目的として「ウーウー」というサイレンを使用。救急隊員によると、サイレンの切り替えは助手席に座っている救急隊長が、道路や周囲の状況に応じて臨機応変に行っているといいます。

 ちなみに大阪市消防局内では、「ピーポー」は「ピーポーサイレン」、「ウーウー」は「ウーウーサイレン」と“そのまま”呼んでいるそうです。

太田幸宏(乗りものニュース編集部)

最終更新:8/12(金) 12:29

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。